FC2ブログ

pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point日清食品 鶏だし白湯

鶏だし白湯 (¥200)
080515日清食品美味しさ: ★★★★ (濃い鶏味)
お腹壊し度: ★★★ (油っぽいカップ麺なので)

HP: 日清食品:ニュースリリース
発売日: 2008年3月24日

予算(・・・人並みの給与下さい、お願いします)の関係で、外食控え日。
買い溜めしておいたカップ麺に手を出す。

「鶏だし白湯」って名前がいい。濃厚そうで。
濃い鶏出汁って好きだし。
湯島の「大喜」で鶏にハマッたクチだ。
あと「雷文」の店主が昔「どっちの料理ショー」で特別に作った濃い山吹色をした鶏スープも食べてみたいと、ずっと思っている。

さて、熱湯を入れて待つ。
このカップ麺は4分だ。
その間、蓋の上に「ねぎ香味油」と「液体スープ」を乗せる。
最近、「香味油つき」というカップ麺は珍しくもなくなったよなぁと思いつつ、2分過ぎたあたりで温度を均等にするため裏返す。
そして、4分きっかりで蓋を開け、濃い茶色をした粘度のある液体スープを搾り出し、かき回す。
すると濃い茶色だったのが、あっという間にクリーム色っぽく変化し、鶏白湯らしくなった。
そこへ、「ねぎ香味油」を投入。
大抵のインスタント麺に付属している「香味油」という名の油は香りなどしたことないが、この「ねぎ香味油」は良い香りがした。
但し、ねぎらしい香りではない気がする。もっと品がいいような?

スープは濃厚な鶏の味がし、トロンとしていて、とても美味しい。
ガーリックという味の広がりが味の素っぽい味を誘引している気がしないでもないが。
麺も、よくあるノンフライ麺だけれども、水分をむちゃむちゃ吸わずに歯応えを保っている上、中太でボリュームも結構あってお腹は満足できる。(カロリーもそれなりなんだけど・・・汗) ←420kcal
最近のカップ麺って、本当、美味しくなったよなぁと思う。
しかし、トッピングは変わらない。
この「鶏だし白湯」のトッピングも、お約束の真ん丸ペラペラなチャーシューと、キクラゲ、ネギ、炒り胡麻といったありふれたもの。
チャーシューは、肉の赤と脂の白で縞々となっていて可愛らしいと見えなくもないが、味は例によって例の如く甘いポークジャーキーみたいな味だ。同じジャーキーでも、天狗印のビーフジャーキー・スパイシータイプみたいな味なら好きなんだけど・・・、そういう味だとラーメンには合わなさそうだネヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ
キクラゲはほんの少ししか入っていないし、ネギもパサパサの紙みたいで風味がない。
鶏だから青菜か何かをインスタント味噌汁みたいな大きめカットのフリーズドライにして添えられれば、色見もキレイだし、味も引き締まると思うんだけどなぁ。(お前は製作担当か)
とまぁ、トッピングにやや不満はあるものの、スープが美味しかったし、麺のボリュームにも納得したので、★4としてみた。
スポンサーサイト

2008/05/15(木) | カップ麺 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/235-15ecbca2
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。