FC2ブログ

pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point赤坂離宮 羽田空港1ビル店

海鮮入りつゆそば(塩味) (¥1,600)
080207赤坂離宮 羽田空港1ビル店美味しさ: ★★★ (ホタテ濃厚)
お腹壊し度: ★ (あっさり)

HP: 赤坂離宮1ビル店 東京エアポートレストラン株式会社
住所: 東京都大田区羽田空港3-4-2第1旅客ターミナルガレリア3F
電話: 03-5757-8839
営業時間: 11:00-22:00
定休日: 無休

羽田空港内には、高級レストランからフードコートやパン屋まで実に様々な店がある。
国際線での利用がほとんどの成田空港の場合は、日本食の食べ収めと言わんばかりに和食系の店に入るということはあっても、国内線での利用が殆どな今の羽田空港では、いつもと変わらない外食気分だ。
何にしようかな・・・「羽田ラーメン」・・・「天鳳」・・・「赤坂離宮」・・・。(←みんなラーメン)
ん? 赤坂離宮って、あの高級広東料理店のこと?
ネームバリューに蛾のように吸いよられてしまう。

スリットの入った藤色のチャイナ服を着た背の高いおねーさんがヒールの音をカツカツと立てながら中へと案内してくれた。
店内は、広々していて、端の席は階下を見下ろせるなどロケーションは悪くないが、普通のテーブルとイスで、クロスもなく、高級そうな雰囲気はない。
客は、家族連れやスーツ姿の男性や女性、単身の老紳士など様々だったが、若い人だけというグループはなかった。
案内された席に、今度は入れ違いに黒服の男性店員がやってきた。
お茶の入った丸っこいポットから小さな茶碗にお茶を注ぎつつ、
「このポットは熱いのでお気をつけ下さい」
と、非常に感じのいい笑みと丁寧な物言いで説明。
その態度にようやくクラス感を得た気がした。
年齢もいってそうだし、もしかしたらホールの責任者か店長かも?

メニューは、この店オリジナルのものになっているようだ。
高価で構えたようなものが少なく、麺飯類や点心が充実している。
中でも、絶対女性を意識して作られたと思われる店のイチオシセットは、彩りも美しいし、塩分控えめなメニュー、野菜中心のヘルシーさで、小鉢の他デザートまでついてきて1,600円。
結構お得感もあってグラついたが、お腹を満たせなさそうな気がして、結局、「海鮮湯麺」を注文してしまった。
これは単品で1,600円。
オススメのセットと比べて非常に割高感がある分、期待もさせてもらおう。

まず最初に、連れの「坦々麺」(1,300円)が来た。
さすが空港内のレストランだけあって、10分も待たなかった。これは立派。
坦々麺を覗くと、濃厚な香りとともに、濃い色をした坦々のスープの上に糸唐辛子のようなものが乗っている。
あまりに美味しそうだったので、注文者が席を外している今のうちに、ちょっとつまみ食いをば・・・。
途端に、口の中に香菜っぽい味と八角っぽい味がぶわ~んと広がった。
「・・・」
めちゃめちゃ癖のある変わった味のスープだった。
胡麻味は濃厚なのだが、その他の味付けがザーサイっぽいというかなんと言うか。
広東料理店で四川料理を食べたのがいけなかったのか、もしくはこれが本場の味というものなのだろうか?
よく見ると、大嫌いな香菜(のちっちゃいの)が漂っていた・・・。
人のものを先に勝手に黙って食べたりした報いを受けてしまったようだ。

続いて、自分が注文した「海鮮湯麺」がやって来た。
きれいな清湯スープ、いや上湯スープに白っぽいストレート細麺。
イカやホタテやエビの大ぶりなものがゴロゴロ入っていて、淡白な色合いが上品ないかにも高級そうなラーメンといった面持ちである。
スープは一口飲んだだけで、濃厚な干しホタテの香りと味に圧倒される。
そのホタテの味に譲っているのか塩加減は弱めで、お陰で海鮮の旨味を大袈裟なくらいたっぷり堪能することができた。
トッピングのプリプリのエビや手を加えられた花咲イカなども十分美味しい。
麺は、本格中華料理店に行くとよく出てくるもので、ツルツルとして喉越しはいいがコシはないタイプ。
きっと中国ではラーメンにおいて麺は主役ではないんだなと思うくらいの地味さで、この手の麺はいつも美味しいと思ったことはない。
全体のボリュームとしては、ごく普通かやや少なめな感じだが、濃厚でも非常にあっさりしているスープなためドンドン飲んでしまえるので、お腹は満たせる。

まぁ、たまに贅沢してもいいかな?という時にはまた食べてもいい麺だった。
スポンサーサイト

2008/02/07(木) | 品川区・大田区 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/184-e53e4865
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。