pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointラーメン虎ノ穴

ラーメン+完熟味付玉子 (¥800)
080217ラーメン虎の穴美味しさ: ★★★★ (家系うまー)
お腹壊し度: ★★★ (平気みたい)

HP: グルメウォーカー ラーメン虎ノ穴
住所: 千葉県千葉市稲毛区小仲台7-16-6-106
電話: 043-206-2515
営業時間: 11:00-16:00 18:00-24:00
定休日: 火曜

千葉は稲毛の「ラーメン虎ノ穴」にやってきた。
千葉拉麺大賞の堂々1位を2004年・2005年と2年連続受賞したことをはじめ、現在も数々のランキングで千葉のラーメン店の上位に君臨する店、しかも家系ということで、とても楽しみである。

店のすぐそばに地物の野菜を売っている場所があって賑わっていた。
地元のものだからさぞかし新鮮で、美味しいのだろう。帰りに買って帰ろうかな。
「高速に乗ってまで、わざわざ野菜買いにくる客なんて珍しいだろうねぇ」
「だね~」
高速に乗ってまでラーメンを食べに来ていることについては既に違和感のない2人だった。

2002年5月23日オープンということだから、もうすぐ6年になる店だが、店の外観はもう20年くらいたったかのような貫禄がある。
店の前には、待つための丸イスが置いてあり、何人かが寒さに震えながらそこに座っていた。
店の隣は千葉名産のお土産屋さんのようで、濡れ落花生がちょっと気になった。
駐車場は店の裏にあり、4~5台は停められそうだが、それほど余裕はないので、停め方が下手な車があると台数は減るんだぞ・・・。

店内に入ると「一杯入魂」という文字が目に入った。
最近、このポリシーを掲げる店が多いように思う。
特に、天下一の店名自由の専門店系FCは必ずと言っていいほどこの文字を旗めかせているので、もしやと不安になる。
しかし、確か店主は中野の武蔵家で修行を積んだというきちっとした家系の人のはず。
大丈夫、大丈夫。
また、「ラーメン虎の穴」というFCがあるがそことは全く関係なく、店主の三橋さんが寅年だから「虎ノ穴」なんだそうだ。

満員の店内は、ガテン系の職人さんやら学生さんやら若い人が多かった。
さすが家系。
内装は、さきほどの外観とは違って、キレイで清潔感がある。
やたら高台が高い位置にあるのは、後で受け取る時に大変だろうなと思ったが、座ってみると、それはそれで落ち着いていいかもという気になった。

注文は、殆どといっていい人が「ラーメン」で、しかも皆「硬め」の中、初回訪問ということもあって様子見に「全て普通」でお願いした。
カウンターには、無料のモヤシの普通盛りと大盛りのチケットが籠に入っていて、同行者はそれも掴む。
まず最初に、同行者のモヤシが湯気を立ててお椀に盛られてやってきた。
そのモヤシをシャキシャキと食べながら、
「味付けナシだね、素(茹で)だ」
と感想を言い合っているうちに、あまり色気のない家系の大きめな丼ではなく水色の小ぶりな洒落た器に入って、ラーメンがやってきた。

ほうれん草、海苔、チャーシュー。
実に忠実に家系のトッピングパターンを踏襲している。
ここにモヤシが最初から入っておらず、別皿でくるというのは歓迎だ。
二郎のようにドギツいスープなら味の緩和材として必要だが、家系は濃厚といってもしょっぱいわけではない。
「えっ モヤシ入れないの? 嫌いなの?」
と、同行者はモヤシを自分のラーメンにカパカパ入れながら驚いていたが、私はスープの濃厚さをとことん楽しみたいタイプなのでモヤシ投入はなくていいと思う。
(家系って、そもそもモヤシあったっけ?)

で、期待のスープ。
見るからに家系の色。
茶色が濃くて乳化した不透明さがあって、いかにも濃厚そうな雰囲気だ。
一口目。
ぶわっと化調の風味が襲ってきて、一瞬、喉がケッとなる。
って、ここは無化調じゃないの? 単にアク?? アクでこんな感じになる?
二口目。
あれ??? 今度は一口目のような感じはしないなぁ・・・?

濃厚な風味のにドロドロまではいっいないのが良い。
家系らしい濃厚な豚骨と鶏の旨みにカエシが絶妙な混ざり具合を成している。
この醤油っぽさがくどくない程度にやや上にありつつも、スープと上手い具合に合わさっているのが、家系の真骨頂だよな。

美味いぞー
好きだー
素直に愛してるー(表現力・語彙不足、ご容赦ください)

中太縮れ麺もモチモチしていて、濃厚なスープにぴったりだ。
麺にもよく絡み、とても美味しい。
ちょっと柔らかい気がしたので、次回来ることがあれば忘れずに「硬め」を指定したい。
ボリュームはほどほどといったところ。
男性だと物足りないかもしれないので、大盛りにしたほうがいいかもしれない。

トッピングは、海苔とほうれん草はごく普通で特別な感想はない。
濃厚スープのアクセントとしてほうれん草って大事だよなと思ったくらい。
チャーシューは、崩れるくらい柔らかいタイプ。厚みがあるのが珍しい。
追加注文した味付玉子は、「完熟」と謳うだけあってしっかりと熟成した少々甘めな味がついていて美味しかった。

接客態度について。
明るく笑みを絶やさずと実に気持ちがよく、
「ごちそーさまでしたー(^O^)」
と言いつつ表へ出て行こうとする私を
「お連れの方はこちらから出て行かれましたよ」
と笑顔で親切に教えてまでしてくれて、びっくりした。
こういうきめの細かな対応ができるところが、ランキング上位に居続ける理由の1つではないかと思った。

ちょっと遠いが、また来たい店だ。
家系好きなら絶対お勧め、その他の人にもお勧めしたい。
スポンサーサイト

2008/02/17(日) | 千葉県その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/177-789e4790
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。