FC2ブログ

pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point銀座アスター 市川店

十二種野菜ときのこの豆乳風味麺 (¥1,680)
080105銀座アスター市川店美味しさ: ★★★ (ヘルシー)
お腹壊し度: ★★ (香辛料も平気でした)

HP: 銀座アスター|店舗案内
住所: 千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザ
電話: 047-370-5801
営業時間: 11:30-22:00
定休日: 年始

1988年に、ニッケコルトンプラザが出来た時からあったこの店。
最近はショッピングモールも珍しいものではなくなり、客足も純減しているのだろう、いろいろな店舗が出入りしているようだが、この店は敷地内の結構な大きさの戸建のレストランでありながら未だに健在なところはスゴイと思う。
やはり、ハレの日に入ろうって気になる、つまり多少高くてもいいかという気にさせる「銀座アスター」という名前と中華料理という人を選ばない料理であるところが鍵なのかな。

で、銀座店では「アスター麺」を食べたので、今回はお正月だし「ふかのひれ麺」(\3,150 サ別)でキマリだねっ☆ と財布にウインクしてみたところ、完ムシ。(お約束)
ハイハイわかってましたヨ・・・(´д`)
結局、ヘルシーそうな「セロリー麺」と「十二種野菜ときのこの豆乳風味麺」で悩んで後者を選んだ。

待つ間に、店内ウォッチング。
客層は、中年の女性か老夫婦が多いようだ。
今や団塊世代を取り込めない店は敗北するしかないだろうから、老舗は有利だろうなぁ。
ところで、「銀座アスター」というチェーンはどの店舗も高級イメージで統一しているのかと思ったが、どうやら違ったようだ。
テーブルにはクロスがなく木が剥き出しで、持ってこられたお絞りもナプキンも紙。箸だけがエコだった。
さらには、これでサービス料取るんですかと思われるようなB級中華料理店のノリのパートらしきオバチャン店員。
うち一人は喋り口調はなかなか品がいいのだが、置き方は乱暴だし、食べている最中に少しでも空いたと思う皿があったらせかせか下げてしまう。
どうなっているんだ、この店は・・・。

と思っている間に、ラーメン登場。
さっぱりタンメンといった味わいに豆乳っぽいミルキーさがプラスされたスープで、悪くない。
塩加減もベストだ。
ただ、麺は、高級本格中華料理店に行くと大抵コレが出てきて閉口するのだが、コシの全くない白いストレート中細麺で、案の定ぐにゃらんとしていた。
贔屓目に見ると、豆乳を吸いやすいということなのか。
トッピングは「十二種野菜ときのこ」と謳うだけあって、どっさり乗っていた。
人参、キャベツ、インゲン、葱、白菜、青菜、筍、ふくろ茸、椎茸、えのき茸・・(あと2つ思い出せない( ̄Д ̄;;)
とにかく、このようにトッピングがいろいろ乗っていても、味としての主張が皆無な麺(スープが主役という計算あってのことなのか)と口当たり優しい豆乳風味のスープで食べていると、やがて味に飽きがきてしまう。
そこに別皿で出されたちっちゃい緑色の何かを刻んだものを投入。
すごく辛いが、一気にスープが引き締まった。コレは美味しい~( ^▽^)
思わず、全部入れてしまった・・・。
ただ、全部入れてもスープに味がすぐ移るわけでなく、一緒に食べないと感じられないので、問題はなかった。

この辛味のお陰でほぼ完食すると、デザートも注文。
散々迷って、「フルーツとタピオカのマンゴーミルク」にしてみたところ、めっちゃ美味しくて満足した。
デザートに関しては☆☆☆☆!
スポンサーサイト

2008/01/05(土) | 市川市 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/164-7e7e73cf
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。