FC2ブログ

pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointにかいや

スープつけめん (¥550)
071222にかいや美味しさ: ★★★★ (美味しい)
お腹壊し度: ★★★ (なんとか平気)

HP: にかいや
住所: 千葉県柏市青葉台1-3-25
電話: 無
営業時間: 平日11:00-14:00 18:00-22:00 土日祝11:00-22:00
定休日: 水曜

イタリアンからラーメン屋になった店で美味しいところがあるという評判を聞きつけ、物好きにもはるばるやってきた。
平仮名なので到着するまで全く気付かなかったのだが、「にかいや」とは、2階にあるからなの?

ホームページによると「No1がらくたB級ラーメン」を目指すとなっていたが、メニューの「ぶた」という表記やラーメンの写真、オーダーシステムなど「二郎系」の匂いがプンプンで、ちっとも「がらくた」っぽくない。
持ち帰りメニュー「鍋ラーメン」というのも、慶應体育会系御用達「鍋二郎」ではないか?
二郎なら人気あるのも納得。
しかし、ここまでパクっても、二郎のおじさんは腹立たしくないのだろうか。
しかも「がらくた」呼ばわりだぞ・・・。
おじさんのコンセプトは「がらくた」ではなくて、「ちょっとウマイ」なのだが。
と言っても、今や有象無象にある二郎系。
特許を取っているわけでもないだろうし、「二郎」の名前さえ使用していなければヨシとするしかないのかな・・・。

店内は、ラーメン屋らしからぬ螺旋階段や席、いかにもイタリアンチックな店内の案内看板など、この部分では骨太さを演出した他の二郎系とは一線を画している。
単に前身をそのまま利用しただけなのだろうが、ラーメンと書かれた赤い暖簾の奥に微妙な大きさのサンタの置物が見えるというアンバランスさはともかく、このラーメン屋臭さのないところが、一般の人たちにも抵抗感なく受け入れさせるポイントになっているような気がした。

客層は、若者のグループか幼い子のいる家族連ればかりで、あまりない席はすぐに満席になった。
二郎系で幼い子供というのはスゴイ。
大人である(肉体的には)私でもアウトなのに、チビちゃんたちのお腹は大丈夫なのかとても不思議である。

さて、注文は、はるばる柏にまでやってきて偽物の二郎を食べるというのでは面白くないので、「スープつけめん」という三田の二郎にはないメニューをチョイスしてみた。
そして、最初にやってきたのは、普通の二郎の「ラーメン」のスープを薄くして、ぶたを品良くしたような感じのもの。
つけめんを頼んだはずなのに・・・と凝視していると、続いて浸けスープがやって来た。
ということは、色が結構ついているものの、麺の入っているほうのスープはカエシの入っていない素か!
その次に、別皿に刻み葫と酢とタレがやってきたので、かなり味に自由度があるラーメンなのだなと感心した。
早速麺をスープに入れてみて食べたところ、もちもちした麺が美味しく、浸けスープは正に二郎を髣髴とさせた。
ギトギトを減らしまくった二郎。
なかなかイケる・・・!
分厚い二枚のぶたも柔らかくて美味しい。
ただ、麺がスープに浸かっているのを引き上げて浸けスープのほうに移すので、すぐ味が薄くなってしまうのが難点である。
だからタレが別に必要なのか。
ただ、これは二郎全般に言えることなのだが、この濃い味はキープされていればいるほど、だんだんそのしょっぱさが辛くなってくる。
で、お湯と思って麺の入っているスープを飲んでみたところ、これがいい味の豚骨スープであった。
脂も控えめだしカエシも入っていないので、塩味もなく非常にあっさりはしているが、麺を冷まさないためだけの「お湯」という薄さではなかった。
二郎のスープってこういう味だったのか~と、開眼したような気にすらなったり。
濃い浸けスープに浸けて麺を食べ、濃さに閉口したらあっさりスープを飲む。
これはいいリズムだ♪
これは美味しいと食べ続け、麺を食べきったところで、実験タ~イム。
果たして、スープ+タレ(カエシ?)=いつもの二郎のスープ となるかどうか?
ちゅ~っ(チューブなのだ)と入れてみた。
食べてビックリ、二郎とは全く別のあっさりラーメンスープになった。
今度は、ちゅ~っどころではなく、いつもの二郎の色になるくらいちゅ~ちゅ~入れてみた。
失敗しちゃった二郎のスープ(コクなし) という感じになった。
でも、これで何となくわかった気がする。
二郎のスープがやたらしょっぱいのは、それで丁度いいバランスという計算された挙句のものなのだ、きっと。

"絶対食事で冒険しない男"トンちゃんは、勿論当然の如く「中盛り」を食べていたが、そちらも奪ってスープを味わってみたところ、予想通り、二郎まんま(ややあっさりめ)の味だった。
まだ未訪問のジロリアンの方々のご参考のために、トンちゃん曰く
「結構ウマイんじゃん。二郎(三田)より麺がいい」
という評価であったことを付記しておく。

面白かったので、また「スープつけめん」を食べに来たい。
スポンサーサイト

2007/12/22(土) | 千葉県その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/160-ec6fe01a
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。