pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point慶楽

鶏球湯麺 (¥850)
070329慶楽美味しさ: ★★★ (鶏美味しいよ)
お腹壊し度: ★★★ (お腹ぽっこり)

HP: 無 
住所: 東京都千代田区有楽町1-2-8
電話: 03-3580-1948
営業時間: 11:30-22:00
定休日: 日曜

仕事関係の知り合いが偶然にも会社に程近いこの店の次男坊だというので、面白がってやってきてみた。

ランチタイムなので、当然混みあっていて、相席になってしまう。
その相席の知らないオッサンが、すぐそばの壁に寄りかかっていた店の女性と話し始めた。
「この店のアルバイトは、みんな中国人?」
「今はベトナム(国名記憶曖昧)の子。みんなよく働いてくれていい子よ~」
「いやぁ、実は、台湾の会社との輸入が始まることになっちゃった関係で、ちょっと中国語を勉強したくてさぁ
誰かいい講師いないかなぁ~と思って」
「私は日本人でお嫁に来ただけで、中国語は全く喋れないの♪」
両腕に太い翡翠らしき石のブレスレットをはめた元気の良さそうな中年の女性が、どうやらイエローブガッティくん(勝手に心の中でつけた彼のあだ名)のママらしい。
お客さんとラフに話せるあたり、きっと人懐っこくて気持ちのいいお母さんなんだろうなと想像させる。
そのうち、話は流れて子供の話へ。
「そー、息子はインターナショナルスクール行ったの」
「あ、××の? ・・・頭いいねぇ!じゃ、中国語もペラペラなんだね」
おおっ 間違いない、イエローブガッティくんの話だ。
そかそか、中国語喋れるのか、スゴイなぁ!
などと本格的に聞き耳を立てようとしていると、注文したラーメンがやってきた。

今日は、なんとなくさっぱりとしたラーメンにしたかったので、鶏なら大抵さっぱり系の塩味だろうと、細かく割かれたササミが澄んだスープに浮かんでいるラーメンを想像しながら、鶏のラーメンを探すと、
「鶏球湯麺」
というメニューを見つけた。
「鶏」の「球」ってなんだろう? ちょっと厚めに切られた鶏のことかな?
バンバンジーのように酒蒸しした鶏肉が乗った塩ラーメンかも???
ということで、このメニューをオーダーしてみたのだが、やってきたのは、なんと醤油色したスープのラーメンであった。
前回食べた牛肉と野菜の炒め物と変わらないような醤油系のあんかけをからめたような見た目の炒め物が、濃い色の醤油スープの上に乗っていて、湯気を立てている。
そ~だよなぁ、この店、確か広東料理だったもんなぁ!
と納得した途端、今日はさっぱり鶏塩~などと思っていた癖にこの醤油ラーメンの迫力あるビジュアルに急に食欲を感化されてしまう。

いただきまーすっ
がっつく、がっつくw
結構ボリュームがあるので、ハイペースで食べないと麺が延びちゃうし!

「鶏球」とは、ぶつ切りの鶏肉に片栗粉か何かの薄い衣をつけて油通ししたもののことだった。
餡が衣に絡んでとても美味しい。
しめじや白菜、葱、筍などもたっぷり入っていて、それらのバラバラな食感と味が様々に楽しめて、にぎやかな感じのラーメンになっている。
醤油スープとの相性もバッチリで、柔らかくあまり特徴のない麺さえ除けば、かなりいい出会いだった。
スポンサーサイト

2007/03/29(木) | 有楽町 | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://55fc2.blog54.fc2.com/tb.php/128-5fc104d3
前ページ | | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。